放課後デイの申請と認可

放課後等デイサービスを開業するためには、
都道府県・政令指定都市の担当窓口に申請をし、認可を得なければなりません。

申請と認可というのは、

正式には、

児童福祉法(昭和22年法律 第164号)第21条の5の15第1項の規定により、
指定障害児通所支援事業者に指定していただく

ための手続きのことです。

 

申請の書式を、担当窓口で頂き(あるいはWEBでダウンロードで入手し)、
必要事項を記入し、
申請します。

申請の締め切りと、
認可のタイミングは各自治体で異なります。

事前相談を要する自治体もあります。

かならず、
都道府県・政令指定都市の担当にご確認ください。

 

広島市の場合は、
毎月末に申請受理→翌々月1日認可
が基本です。

この場合、
1月末申請→3月1日認可
となります。

申請をして認可を得るのは、
飲食店を開業するのと同じことです。
とくに手続きとして難しいことはありません。

他のビジネスと同じく、
開業はゴールではありません。

難しいのは、
開業後です。

つまり、

どのような放課後デイにするか

どうやって繁盛させるか

ということです…

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

ピックアップ記事

  1. 児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  2. FAQを設置しました。
  3. 起業したい人、起業しない人
  4. 放課後デイの設備投資
  5. 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  2. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  3. 福祉起業.netからのお知らせ

    福祉起業.netからのお知らせ

    FAQを設置しました。
  4. 放課後デイの開業準備

    放課後デイの開業準備

    放課後デイの設備投資
  5. 放課後デイの人事・組織

    放課後デイの人事・組織

    児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
PAGE TOP