CATEGORY

発達障がい

教育フォーラム2013 教室の今と未来~いじめ・発達障害の視点から~

「いじめや発達障害の視点から教育を考える」という催しが、 5月19日の東京大学の五月祭にて、行われるとのこと。 議員の立場で鈴木寛氏、教育者の立場で陰山英男氏、安部博志氏、大学生の佐藤駿一氏の4氏で、 教室の中で起きている問題として、いじめや発達障害などの問題をそれぞれ異なる立場で考えていくというイベントだそうです。 最近、TV番組でも、発達障害のことが取り上げられる機会が増えてきたように思います […]

ブログ村 起業・独立(サービス業)

起業・独立(サービス業)人気ランキングに参加しています。 サイドバーの下のほうに、クリックしていただくためのボタンを設置しています。 起業・独立(サービス業)人気ランキング に参加していますが、 あまり活気がないカテゴリーに参加しちゃっててww うっかり1位を継続中です。 鶏頭となるとも牛後となることなかれ ですから、 まあ1位はよいのでしょう。 記事にもアクセスしていただいているみたいです。 ま […]

小中学生の6.5%、発達障害の可能性

文科省が行った調査で、発達障がいの可能性がある子どもが、6.5%あるとの結果になったそうです。 公立の小中学校を対象に行なった調査で、石ではなく教師が発達障がいの可能性があると考えたもの。 全国では、発達障がいの子どもは、公立の小中学校だけで、61万人に上ると推計されるそうです。クラスに2人から3人の発達障がいのお子さんがいるという計算になります。 公立の小中学校の教師で、発達障がいの検収を受けた […]

記事「発達障がい 気になる子どもたち」

ベネッセの教育情報サイトに、 「発達障がい 気になる子どもたち」 というタイトルの記事が掲載されています。 榊原洋一先生(CRN副所長、お茶の水女子大学大学院教授)が書かれたものです。 記事の内容はともかく、 発達障がいの問題の一つとして、 発達障がいの認識そのものがなされないことに起因する問題があります。 障害に保護者も本人も気づかないまま成長する。 むろん、本人に発達障がいの認識がないわけです […]