起業と資金

起業するには相応の資金がつきものでした。

「つきものでした」と言うのは。
最近は、インターネットのビジネスへの利用に伴い、
資金がなくとも起業することも、起業して独立することも可能となりました。

私の知人も、アフィリエイターとして独立、個人で事業を行っていましたが、
その後、外注スタッフの採用を経て、現在はスタッフを抱えて事業を行っています。

また、かつて1千万円の資本金が株式会社は、いまは1円の資本金で設立可能となりました。
株式会社ではなく、合同会社という組織も登場し、資本だけでなく意思決定のあり方にも選択の幅が広がりました。

こうして、さまざまなかたちで起業のハードルは下がり、開業時の資金はミニマムになっています。

しかし、多くのビジネスでは、やはり、相応の資金は必要となります。

放課後デイでも、資金は必要です。

自己資金でも、借り入れでも構いませんが、
多くのビジネスで資金は必要です。

資金の調達の手段も多様化していますが、
起業し事業を運営するためには資金は必要です。

ごくたまに、「(まったっく)資金がないけれどもどうすればいいか/どうにかならないか」とおっしゃる方がいます。

まず、資金を調達して下さい。

あるいは、

資金が要らないビジネスを選択してください。