放課後デイの集客

放課後デイの集客を考えるときに、
最も大切なのは、
利用者の方からのご紹介です。

そして、放課後デイのスタッフにとっても経営者にとっても、
最も嬉しいのは、間違いなく、この保護者の方からのご紹介です。

毎日やっていることを評価いただいて、
ご紹介を頂くわけですから、
喜びもひとしおです。

 

ご紹介について言えば、
他にもさまざまなチャネルからの紹介を頂きます。

スタッフからの紹介とか。

 

ただ、紹介を得るためにできることは、
従業員との信頼関係も含め、

日々の放課後デイの運営を充実させていくことだけです。

しかし、放課後デイとしての充実は、
何も紹介を得たいが為ではありません。

スタッフと管理職・経営者との関係を良好に保つのも、
放課後デイとしての充実のためであり、
紹介を得る為ではありません。

 

そういう意味では、
結果論でしかありません。

 

事業として放課後デイを考える場合、
どのように利用者を集めるのかというのは、
大きな課題であるにもかかわらず、

集客が、結果論でしかないのでは、
いささか心もとないところです。

 

とは言え、

放課後デイの運営が軌道に乗り始め、
忙しくなってくると、

集客のためのアクションが取れません(泣)

 

そこで、

放課後デイ事業として、
安定的に集客をするために欠かせないものがあります。

 

セミナーでは、

集客の実績を基に、
放課後デイとして集客のために、
すぐに手掛けるべきことについてもお話ししています。