起業

起業

起業に対する不安

起業の動機には、ポジティブなものとネガティブなものがあるように思います。

前者はやりたいことがあり起業を考える場合、
後者は今の状況を転換するために起業を考えざるを得ないという場合。

いずれがよいという話ではなく、全く正反対のベクトルの先に起業があることがあるということです。

また、

やりたい事業があって起業する人がいる一方、
起業そのものが目的だという人がいます。

起業そのものが目的だという場合、真の目的は事業以外にあるのかもしれませんが、社会に対する影響の度合いは、やりたい事業があって起業する人と変わりません。

動機が何であれ、目的が何であれ、「起業」の意味するものは変わりません。

起業する人にとっては、「仕事」の意味するものが、雇われている人と全く異なります。

雇われる人⇔起業する人
の違いは、

求人票を見る側⇔求人票を出す側
面接を受ける⇔面接をする
給与をもらう側⇔給与を払う側

という違いがあります。
これは、

仕事をもらう側⇔仕事を与える側

という立場の違いです。

そしてこれは、

稼ぐ仕組みの中で役割を果たす⇔稼ぐ仕組みを作る

という差に由来するのです。

雇われるというのは、すでに存在する稼ぐ仕組みの中で、役割を果たすに過ぎません。

起業するというのは、動機がどうであれ、目的が何であれ、「稼ぐ仕組み」を作るということです。
起業の難しさは、「仕組みを作る」難しさなのです。

起業に対して、サラリーマンが抱く漠然とした不安は、経験のない「稼ぐ仕組みを作る」ことに挑む不安なのです。

ピックアップ記事

  1. 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  2. FAQを設置しました。
  3. 起業したい人、起業しない人
  4. 放課後デイの設備投資
  5. 放課後等デイサービスの時間割

関連記事

  1. 起業

    放課後等デイサービス開業に向けて(2)

    放課後等デイサービスにとって、施設はサービスを方向づける大きな要素です…

  2. 起業

    事業としての放課後等デイサービスに欠点はあるか?(1)

    事業として放課後等デイサービス(児童デイサービス)を考えた時に、欠点と…

  3. 起業

    起業

    起業するということ

    「福祉起業」は、当初、中小企業の新規事業としての福祉分野での起業をメイ…

  4. 起業

    ターゲットを設定する(3)

    誰かに響かないものは、誰にも響きません。しかし、起業時に自…

  5. 起業

    事業としての放課後等デイサービス(4)

    顧客の獲得が、事業を行う上での最大の課題です。そして、放課後等デイ…

  6. 放課後デイの人事・組織

    事業としての放課後等デイサービス まとめ

    起業あるいは新規事業として取り扱う商品・サービスを選択する時に検討すべ…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 放課後デイの人事・組織

    放課後デイの人事・組織

    児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  2. 放課後デイの開業準備

    放課後デイの開業準備

    放課後デイの設備投資
  3. 放課後デイの運営

    放課後等デイサービスの運営

    放課後等デイサービスの時間割
  4. 起業

    起業

    起業したい人、起業しない人
  5. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)
PAGE TOP