企業経営

企業経営

経営者の「勘」を支えるもの

経営者には、経営者としての「勘」があるというのは、事実です。
それは、多くの経験に基づき、瞬時に結論を判断するものだと、私は考えています。

クリティカルな場面を多く経験してきたことで、筋道を追って、結論に到達するわけでなく、瞬時に結論に到達することがあります。

どうして、その結論に到達したのかをうまく説明できないこともありますが、結論に対する確信は揺らぎません。

そういうものを経営者の「勘」と呼ぶのだと思います。

むろん、経営者だけでなく、様々な「勘」が存在しますが、基本的に同じ構造のはずだと思っています。

だからこそ、「勘」を磨くためには、ひとつひとつの経験から、できるだけ多くのフィードバックを得ることが大切です。

予定したものと何が相違し、何が一致したのか。

この場合、
「なぜ相違したのか」
と同じく、
「なぜ一致したのか」
を考えなくてはなりません。

それを「検証」と呼びますが、
「検証」のためには、「仮定」が必要です。

「仮定」なくして、相違は生じないからです。
相違が生じなければ、「検証」することはできません。
そして、
経験から得られるフィードバックは僅かなものに留まるのです。

経営者は、考えることを免れません。

資金を人材をどのように使い収益化するのかについて、
考え、経験し、また考える。

書籍を読むのも、セミナーなどで他人の話を聴くのも、
適切な「仮定」を置くための情報収集であり、
的確な「検証」を行うための材料集めなのです。

経営者として、成長を求めるならば、
「仮定」を「検証」することで、経験から最大のフィードバックを得ることを重ねていくしかありません。

そうした不断の努力が、瞬時の判断が的確になされる経営者としての「勘」を磨くのです。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

ピックアップ記事

  1. 新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  2. 児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  3. 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  4. 起業したい人、起業しない人
  5. 放課後等デイサービスの時間割

関連記事

  1. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス事業(4)

    新規事業を経営課題の解決のための手段として選択する。新規事業の選択…

  2. 企業経営

    企業経営

    事業計画書に当然盛り込まれているべきこと

    「事業計画書に書かれているべき事柄」という記事を前に書いていますが、こ…

  3. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス事業(2)

    新規事業に何を選択するかは、事業会社にとって、容易な選択ではありません…

  4. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(7)

    事業会社が新規事業を検討する場合、最も悩ましいのは人材面だと思いま…

  5. 企業経営

    企業経営

    経営者と従業員(2)

    経営者と従業員の立場の違いを誤解する瞬間があります。経営者のよ…

  6. 企業経営

    企業経営

    経営者と従業員(1)

    放課後等デイには直接関係ないのですが、ちょっと気になることがありました…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 放課後デイの運営

    放課後等デイサービスの運営

    放課後等デイサービスの時間割
  2. 起業

    起業

    起業したい人、起業しない人
  3. 放課後デイの人事・組織

    放課後デイの人事・組織

    児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  4. 福祉起業.netからのお知らせ

    福祉起業.netからのお知らせ

    FAQを設置しました。
  5. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
PAGE TOP