企業経営

企業経営

経営者と従業員(2)

経営者と従業員の立場の違いを誤解する瞬間があります。

経営者のように従業員が扱われてしまう場合があります。
本人も会社を代表するつもりで懸命に対応する時があります。

このいかに対応するかという意識のレベルを決めるのが経営です。
従業員は実践する役割です。

先日の店員も、説明するまでもないようなことに、大真面目に対応していました。

時給は変わらないけれども、できる対応はやっているのです。

「できません。」
だけで終わりにしようとしたわけではないのです。

なぜでしょうか?

たぶん、規範意識と言ってもいいような共同体の構成員としての意識があると思います。
結果は、ほとんどの場合、自分の処遇には影響しないにもかかわらず。

こういったお客に対応するレベルをどのように設定するかというのは、経営者が考えることです。

高い方がよいとか低い方がよいという話ではありません。

経営者が意識しようとしまいと、経営者が対応すべきレベルを決めるのです。

従業員は、経営者が設定した(はずの)対応レベルで現場で対応するにすぎません。

現場で具体的な対応をするのは従業員です。

対応が拙く、本来取りこぼすべきでないお客を取りこぼしてしまう効果は、従業員にではなく、現場で対応をしない経営者に顕れます。

コンビニの女性客が、悪態をついて出て行き、「もう来ない」となってしまっても、従業員は痛くもかゆくもありません。

効果が帰するのは、経営者です。

だからこそ、経営者は、自分の裁量で従業員を採用し、配置し、対応を任せるのです。

組織を作り、採用し、配置しコントロールするというのは、経営者の権利であり義務です。
そして、結果として組織で起こる全てについて、責任を負うのです。

従業員が、経営者について嘆いても始まりませんが、
それ以上に、経営者が従業員を嘆くのは、天に唾するようなものなのです。

ピックアップ記事

  1. FAQを設置しました。
  2. 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  3. 起業したい人、起業しない人
  4. 新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  5. 児童発達支援管理責任者に求めるべき資質

関連記事

  1. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)

    事業会社が新規事業の検討をする場合、リスクの側面から考えておかなければ…

  2. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス事業(2)

    新規事業に何を選択するかは、事業会社にとって、容易な選択ではありません…

  3. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス事業(3)

    新規事業を必要とする企業の多くは、現実問題として、何らかの経営上の課題…

  4. 企業経営

    企業経営

    事業計画書の意味

    事業計画書に書かれているべきことは、いかにビジネスを進めていくかと…

  5. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス事業(4)

    新規事業を経営課題の解決のための手段として選択する。新規事業の選択…

  6. 企業経営

    企業経営

    経営者と従業員(1)

    放課後等デイには直接関係ないのですが、ちょっと気になることがありました…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 放課後デイの開業準備

    放課後デイの開業準備

    放課後デイの設備投資
  2. 起業

    起業

    起業したい人、起業しない人
  3. 福祉起業.netからのお知らせ

    福祉起業.netからのお知らせ

    FAQを設置しました。
  4. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  5. 放課後デイの人事・組織

    放課後デイの人事・組織

    児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
PAGE TOP