放課後等デイサービスの制度

放課後等デイサービスの制度

福祉起業として「放課後等デイサービス」事業を推奨します(7)

放課後等デイサービスを事業として考えた場合、児童発達支援事業に比較して、メリットがあることはここまで申し述べてきたとおりです。しかし、メリットだけということはありません。デメリットについても検討しておくことが必要です。

例えば、

児童の放課後の利用であるため、営業時間すなはち職員の勤務時間がどうしても夕方~夜型になります。
放課後とならない学校の休業日(土日祝日、夏休み等)の場合は、基本的に単位あたり4時間以上の営業時間が求められます。
とくに子育てをしながらの職員にとっては負担となることは否めません。
この職員の働き方という点では、事業所で工夫が求められることになります。

放課後等デイは対象年齢を広くとることができることはメリットです。
しかしながら、中学生ともなると体も大きく、また思春期特有の問題も抱えることになります。
ただでさえコミュニケーションに難のある児童が思春期を迎えるわけだから、対応するスタッフの力量が問われることになります。

不登校になる児童の8割に発達障がいがその要因にあると言われます。
小中学生の場合、不登校となっても卒業自体はできるが、義務教育ではない高校生となるとこの不登校問題は重要性を増します。

ここで掲げた問題はいずれも対応が容易ではないものの、策がないわけではありません。
次回に続きます。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

ピックアップ記事

  1. FAQを設置しました。
  2. 児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  3. 起業したい人、起業しない人
  4. 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  5. 新規事業としての放課後等デイサービス(10)

関連記事

  1. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    福祉起業として「放課後等デイサービス」事業を推奨します(3)

    児童発達支援事業との比較でも「放課後等デイサービス」を私たちが推奨する…

  2. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史(2)

    現在の放課後等デイサービスにも受け継がれる障がいのある子どもの放課後施…

  3. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    事業としての放課後等デイサービスに与えられる条件(2)

    放課後等デイサービスという事業は、国の児童福祉の一環として公費が使われ…

  4. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    福祉起業として「放課後等デイサービス」事業を推奨します(1)

    放課後等デイサービスの制度上の位置づけをまず整理してみます。従…

  5. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史(4)

    障害者自立支援法の施行により、期待された「障害児タイムケア事業」はあえ…

  6. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    障害児支援に係る報酬について<論点等>2014

    来春は、放課後デイの制度改定が予定されていますが、それに向け、障害…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 放課後デイの開業準備

    放課後デイの開業準備

    放課後デイの設備投資
  2. 放課後デイの人事・組織

    放課後デイの人事・組織

    児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  3. 福祉起業.netからのお知らせ

    福祉起業.netからのお知らせ

    FAQを設置しました。
  4. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  5. 起業

    起業

    起業したい人、起業しない人
PAGE TOP