放課後デイのマーケティング

放課後デイのマーケティング

福祉分野での起業におけるマーケティング(2)

民間において福祉分野にける事業とは、主にお年寄りのための「介護」に関連する事業でした。

児童の福祉の分野を含むその他の福祉事業は、主に行政で担われてきており、民間の参入を歓迎しない自治体もありました。そもそも、民間で参入出来るような事業の構造になっていなかったとも言えます。

この点は、放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史も参考にしてください。

福祉分野での起業(新規事業)といえども、起業であり新規事業であるわけですから、事業の成功のためには、まずマーケティングが重要です。

この場合、マーケティングの意味するものは、「集客」です。たんに言葉としてマーケティングを集客の置き換えるわけではなく、「集客のための仕組みづくり」の意味を含んでいます。

事業である以上、お客がいなければ成立しません。

事業を事業として成立させるために、マーケティングの施策があるわけです。

マーケティングの検討の初めは、3C分析です。
3Cとは、Customer(お客)、Competitor(競合)、Company(自社)です。
このそれぞれを知る必要があります。

起業や新規事業の場合、事業が収益化するまでに時間と資金を要します。
だからこそ、始めると撤退しにくいものなのです。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

ピックアップ記事

  1. 放課後デイの設備投資
  2. 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  3. 起業したい人、起業しない人
  4. 放課後等デイサービスの時間割
  5. FAQを設置しました。

関連記事

  1. 放課後デイのマーケティング

    放課後デイのマーケティング

    福祉分野での起業におけるマーケティング(8)

    マーケティングの手法であるSTPは、それぞれ以下の頭文字をとったもので…

  2. 放課後デイのマーケティング

    放課後デイのマーケティング

    放課後デイの集客

    放課後デイ事業の集客は、”かつて”は容易でした。今も、とく…

  3. 放課後デイのマーケティング

    放課後デイのマーケティング

    福祉分野での起業におけるマーケティング(11)

    福祉分野で起業や新規事業を考える際にも、マーケティングは最初に検討され…

  4. 放課後デイのマーケティング

    放課後デイのマーケティング

    福祉分野での起業におけるマーケティング(12)

    福祉分野で起業や新規事業を考える場合のマーケティングの検討は、すで…

  5. 放課後デイのマーケティング

    放課後デイのマーケティング

    福祉分野での起業におけるマーケティング(10)

    福祉分野に限らず、起業に必要となるのは、マーケティングです。福祉分…

  6. 放課後デイのマーケティング

    放課後デイのマーケティング

    福祉分野での起業におけるマーケティング(1)

    福祉起業の具体的なビジネスのアイデアとして、放課後等デイサービス(児童…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  2. 起業

    起業

    起業したい人、起業しない人
  3. 放課後デイの開業準備

    放課後デイの開業準備

    放課後デイの設備投資
  4. 放課後デイの人事・組織

    放課後デイの人事・組織

    児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  5. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)
PAGE TOP