福祉起業.netその他情報

発達障害者支援法

平成17年4月1日に施行された「発達障害者支援法」は、
それまで障がいとしては取り残されていた発達障がいを障がいとして規定し、発達障がいを福祉の対象として明確に位置付けました。

発達障害者支援法では、発達障がいの症状が発現した後できるだけ早く『発達支援を行うことが特に重要である』とされています。
発現とは、この場合、発達障がいの症状が現れるとの意味ですので、障がいに気がついた後、出来るだけ早期に発達障がいに対応した医療面あるいは福祉面での対応が“特に”重要だとされている点が肝要です。

そして、発達障がい支援法では、『発達障害を早期に発見し、発達支援を行うことに関する国及び地方公共団体の責務を明らかにする』と示されています。(いずれも発達障害者支援法第1条)

現実的な対応は自治体によりばらつきがあるようにも感じられますが、少なくとも、発達支援を行うことには、国及び地方公共団体の責務があるとの立場です。

「発達障害」とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるものをいう。
(発達障害者支援法2条1項)
と定められています。

私たちは、この発達支援のための放課後等デイサービス事業の拡充を補佐していきたいと考えています。
具体的には、放課後等デイサービス事業の開業支援を行ってまいりました。すでに20件の開業のお手伝いをさせていただいています。
また、現在、自社での開業準備をいたしています。

将来は、障がい者の経済的な自立の支援のために就労のお手伝いをしたいと考えています。
関心のおありになる方は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ピックアップ記事

  1. 起業したい人、起業しない人
  2. FAQを設置しました。
  3. 放課後デイの設備投資
  4. 新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  5. 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要

関連記事

  1. 福祉起業.netその他情報

    事業としての放課後等デイサービスに欠点はあるか?(1)

    事業として放課後等デイサービス(児童デイサービス)を考えた時に、欠点と…

  2. 福祉起業.netその他情報

    放課後等デイサービス・児童デイサービス開業・起業支援の意味するもの(2)

    開業・起業支援の意味するものについて、もう少しご説明します。参…

  3. 福祉起業.netその他情報

    アスペルガー症候群を取りまく問題

    アスペルガー症候群というのは認知度の低い言葉ではありませんが、具体的に…

  4. 福祉起業.netその他情報

    福祉起業.netその他情報

    放課後等デイサービスPLATZ古江 事業者指定

    本日、市役所のご担当が視察・指導で放課後等デイサービスPLATZ古江に…

  5. 福祉起業.netその他情報

    福祉起業.netその他情報

    クリスマス 2012

    放課後等デイサービスPLATZ古江の開業準備も大詰めです。明後日、…

  6. 福祉起業.netその他情報

    放課後等デイサービス事業の集客についてわかっておくべきこと(2)

    放課後等デイサービスの場合、子どもの障害の専門家として、サービスに完璧…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 放課後デイの運営

    放課後等デイサービスの運営

    放課後等デイサービスの時間割
  2. 起業

    起業

    起業したい人、起業しない人
  3. 放課後デイの人事・組織

    放課後デイの人事・組織

    児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  4. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  5. 放課後デイの開業準備

    放課後デイの開業準備

    放課後デイの設備投資
PAGE TOP