企業経営

企業経営

新規事業としての放課後等デイサービス(7)

事業会社が新規事業を検討する場合、
最も悩ましいのは人材面だと思いますが、
中小企業の場合には、
人材面と同じく重要な問題になるのは、
経営者の負担なのではないでしょうか?

中小企業の場合には、
会社の中の多くのことを経営者に依存しています。

資金調達や例外対応は当然のこととして、
営業面や債権管理も経営者が大きな役割を占めています。

それだけに、
新規事業を考えたとしても、
あらたな負担に如何に対応すべきかと考えると、
なかな新規事業には踏み出せないという結論に至ることもあると思います。

営業面も債権管理も、
本業において、断続的に発生するからです。

例外対応は現場の管理職の基本的な業務ですが、
中小企業の場合、経営者自らが行うことが少なくありません。

そして、判断を求められる「例外対応」は、
営業面と債権管理に関することが多くを占めており、
即時の対応を求められるものが少なくないはずです。

とくに、債権管理については、深刻な事態を招かないとは限りません。

そのため、中小企業の経営者は、なかなか本業から離れられません。

放課後等デイサービス事業の利点として、
これまで幾度か、

債権管理

が比較的容易であることをお話してきています。

このことは、新規事業を検討する上で、
非常に重要なポイントです。

放課後等デイサービスの場合、
債権管理が必要な売り上げについて言えば、
利用者の負担は1割で、あとは公金から支払われます。

その1割の負担にも上限がありますので、一人ずつの利用者に請求する額はそれほど大きな額ではありません。

利用者からの債権回収ができないことが、即、経営問題に発展するということは、現実的ではありません。

企業経営において、もっともシビアな問題が、放課後等デイサービス事業の場合には、発生するリスクが限定的なのです。

新規事業を検討する上で、
債権回収のリスクが限定的であるという利点の持つ意味の大きさは、経営者であれば、十分に理解いただけるはずですよね。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

ピックアップ記事

  1. 起業したい人、起業しない人
  2. 放課後等デイサービスの時間割
  3. 児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  4. FAQを設置しました。
  5. 新規事業としての放課後等デイサービス(10)

関連記事

  1. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(8)

    新規事業のアイデアを評価する場合、いくつかのポイントがあるはずですが、…

  2. 企業経営

    企業経営

    経営者の「勘」を支えるもの

    経営者には、経営者としての「勘」があるというのは、事実です。それは…

  3. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス事業(4)

    新規事業を経営課題の解決のための手段として選択する。新規事業の選択…

  4. 企業経営

    企業経営

    事業としての放課後等デイサービスに欠点はあるか?(4)

    放課後等デイサービス(児童デイサービス)の事業者は国が考える障害者福祉…

  5. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス事業(3)

    新規事業を必要とする企業の多くは、現実問題として、何らかの経営上の課題…

  6. 企業経営

    企業経営

    経営者と従業員(2)

    経営者と従業員の立場の違いを誤解する瞬間があります。経営者のよ…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  2. 放課後デイの開業準備

    放課後デイの開業準備

    放課後デイの設備投資
  3. 放課後デイの人事・組織

    放課後デイの人事・組織

    児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  4. 起業

    起業

    起業したい人、起業しない人
  5. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)
PAGE TOP