企業経営

企業経営

新規事業としての放課後等デイサービス(10)

事業会社が新規事業の検討をする場合、リスクの側面から考えておかなければならないポイントがあります。

1.必要となる資金
2.営業の難しさ
3.債権回収

いずれも、事業を営む上で、致命的なリスクにつながる可能性があるものです。

だからこそ、多くの中小企業では、これらは経営者の関与が大きい経営課題です。

新しい事業のための資金の捻出
大口の顧客の獲得
債権(売り上げ)の回収が滞った場合の対処

いずれも、経営者自らが対応することを余儀なくされます。
なぜなら、対処を誤れば、経営に致命的なダメージを与えかねないからです。

しかし、事業会社が新規事業として手掛けた事業において、これらのリスクが表面化した場合、それは単に新規事業の問題にとどまりません。

経営者自らが対処することを余儀なくされるわけですから、
本業の経営者として為すべき対応が滞ることを意味するからです。

経営者の基本的な仕事は、例外対応です。
例外的に発生する事案に対して、どのように対処するかを意思決定することです。

新規事業に手を取られていたのでは、
本業の経営者として行うべき業務がおろそかになります。

新規事業の難しさはここにあります。

私たちが、放課後等デイサービスを新規事業として推奨する理由は、経営者が直面するはずの、これらのクリティカルな経営課題への対処がかなり容易であるためです。

次回、その点についてお話しすることで、「新規事業としての放課後等デイサービス」として、お伝えしてきたことを、一旦、まとめることにいたします。

ご質問は、「福祉起業 質問フォーム」からご連絡ください。
また、放課後等デイサービス事業の開業にご関心のある方は、「放課後等デイサービス開業支援 資料請求」からご連絡ください。

ピックアップ記事

  1. 児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  2. FAQを設置しました。
  3. 新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  4. 放課後等デイサービスの時間割
  5. 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要

関連記事

  1. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(7)

    事業会社が新規事業を検討する場合、最も悩ましいのは人材面だと思いま…

  2. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(8)

    新規事業のアイデアを評価する場合、いくつかのポイントがあるはずですが、…

  3. 企業経営

    企業経営

    事業としての放課後等デイサービスに欠点はあるか?(4)

    放課後等デイサービス(児童デイサービス)の事業者は国が考える障害者福祉…

  4. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス事業(4)

    新規事業を経営課題の解決のための手段として選択する。新規事業の選択…

  5. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス事業(2)

    新規事業に何を選択するかは、事業会社にとって、容易な選択ではありません…

  6. 企業経営

    企業経営

    事業計画書に当然盛り込まれているべきこと

    「事業計画書に書かれているべき事柄」という記事を前に書いていますが、こ…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  2. 起業

    起業

    起業したい人、起業しない人
  3. 福祉起業.netからのお知らせ

    福祉起業.netからのお知らせ

    FAQを設置しました。
  4. 放課後デイの人事・組織

    放課後デイの人事・組織

    児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  5. 放課後デイの運営

    放課後等デイサービスの運営

    放課後等デイサービスの時間割
PAGE TOP