福祉起業.netその他情報

放課後等デイサービス開業に向けて(1)

放課後等デイサービスという事業は、認可を受け公費を使って行う事業です。
開業のための自治体の認可のハードルは決して高くありませんが、それは事業者が負うべき責任が小さいことを意味するわけではありません。

 

放課後等デイサービスを開業するためには、まず施設として利用するスペースの確保が必要です。

 

とくに定めはありませんが、サービスを提供する施設として、どのような空間を提供するかということひとつにも、考え方が表れます。

広さの基準などを設けている自治体もありますが、私の知る限り、とくに“厳しい”と思われるような基準が設定されているわけではなく、妥当というよりもう少し緩い基準でしかありません。

わざわざそのような基準が示されるということは、そういった緩いはずの基準をも充足しない事業者が認可申請をしていることを表しているのかもしれません。

 

しかし、支援する子どもたちのことを考えれば、十分な広さだけでなく、心地よく安全な空間でなければならないはずです。

 

施設の中の安全もさることながら、外に出た時にすぐに車と交錯するような状況は避けたいところです。

予想しない災害発生時にも安全に避難できない施設で、障害のある子どもたちを預かるわけにはいきません。

中にはマンションの高層階の一室で開業されている例もあるようですが、避難をどのように行うのかを具体的に検討されたのでしょうか。
そもそも障害のある子の中には、エレベーターの狭い空間で他の居住者と一緒になることが苦手な子どももいます。

 

私たちが相対するのは、あくまで障害のある子どもたちです。

一人一人の状況が大きく異なる子どもたちを預かり、療育を施すことが私たちの放課後等デイサービス(児童デイサービス)という事業です。

 

どのような施設で放課後等デイサービスという事業を開業し、サービスを提供するのかということは、事業に対する根本的な考え方を投影するものなのです。

ピックアップ記事

  1. 新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  2. FAQを設置しました。
  3. 放課後等デイサービスの時間割
  4. 児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  5. 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要

関連記事

  1. 福祉起業.netその他情報

    発達障害者支援法

    平成17年4月1日に施行された「発達障害者支援法」は、それまで障が…

  2. 福祉起業.netその他情報

    障がいのある子供たちの経済的な自立のために

    障がい者の自立の前提のひとつは、経済的な自立のはずですが、残念なが…

  3. 福祉起業.netその他情報

    放課後等デイサービス事業の集客についてわかっておくべきこと(1)

    放課後等デイサービスの事業は、開業後、集客に苦労されるケースは多くはあ…

  4. 福祉起業.netその他情報

    福祉起業.netその他情報

    放課後等デイサービスPLATZ古江のホームページを公開しました。

    放課後等デイサービスPLATZ古江のホームページを公開しました。…

  5. 福祉起業.netその他情報

    障害と障がい

    障害と障がいという表記について、本サイトでは以下のように考えていま…

  6. 福祉起業.netその他情報

    放課後等デイサービスのための物件選定

    開業の支援の実際について、前回も少しお話しをしたように、開業時に施設の…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 放課後デイの開業準備

    放課後デイの開業準備

    放課後デイの設備投資
  2. 福祉起業.netからのお知らせ

    福祉起業.netからのお知らせ

    FAQを設置しました。
  3. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  4. 放課後デイの運営

    放課後等デイサービスの運営

    放課後等デイサービスの時間割
  5. 起業

    起業

    起業したい人、起業しない人
PAGE TOP