放課後等デイサービスの制度

放課後等デイサービスの制度

放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史(4)

障害者自立支援法の施行により、期待された「障害児タイムケア事業」はあえなく1年ほどで事実上消滅することとなりました。

児童デイサービス事業も、乳幼児を対象とする1型を基本であるとして、就学児童たちが対象の2型は、報酬単価が引き下げられ、2009年3月までという時限が設けられ、「日中一時支援事業」への移行が奨励されることとなりました。

こうして、学齢期の子どもたちのための児童デイサービスは、一旦は、消滅の危機に瀕したのです。

しかしながら、2009年4月、障害者自立支援法に関連する事業の報酬単価が改定されました。
また、児童デイサービス2型について、2009年3月で廃止される時限も撤廃されました。

具体的には、報酬単価は以下のように引き上げられました。

平成18年(2006年)児童デイサービス2型の報酬単価:
 定員 10名以下  407単位
    11-20名  283単位
    21名以上  231単位

平成21年(2009年)児童デイサービス2型の報酬単価:
 定員 10名以下  689単位
    11-20名 465単位
    21名以上  349単位

そして、この2009年の報酬単価の引き上げによって事業としても成り立つと認識されるようになりました。

とは言うものの、児童デイサービスは、あくまでも児童デイサービス1型を基本とする乳幼児の療育を主目的にした事業でした。

「そもそも学校に通っている児童の面倒まで見る必要はない」という発想が根本にあったのかもしれません...

ピックアップ記事

  1. 起業したい人、起業しない人
  2. 児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  3. FAQを設置しました。
  4. 新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  5. 放課後デイの設備投資

関連記事

  1. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    事業としての放課後等デイサービスに与えられる条件(2)

    放課後等デイサービスという事業は、国の児童福祉の一環として公費が使われ…

  2. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史(2)

    現在の放課後等デイサービスにも受け継がれる障がいのある子どもの放課後施…

  3. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    福祉起業として「放課後等デイサービス」事業を推奨します(3)

    児童発達支援事業との比較でも「放課後等デイサービス」を私たちが推奨する…

  4. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史(1)

    知的や身体の障がいのある子どもが通園施設(法定施設)を利用することが困…

  5. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    福祉起業として「放課後等デイサービス」事業を推奨します(8)

    児童発達支援と比較しても放課後等デイサービスを事業として推奨する理由は…

  6. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史(6)

    障害者基本法の改正により、発達障がいが「精神障害(発達障害を含む)」と…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 起業

    起業

    起業したい人、起業しない人
  2. 放課後デイの開業準備

    放課後デイの開業準備

    放課後デイの設備投資
  3. 福祉起業.netからのお知らせ

    福祉起業.netからのお知らせ

    FAQを設置しました。
  4. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  5. 放課後デイの人事・組織

    放課後デイの人事・組織

    児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
PAGE TOP