福祉起業.netその他情報

事業としての放課後等デイサービスに欠点はあるか?(1)

事業として放課後等デイサービス(児童デイサービス)を考えた時に、欠点というようなものはあるでしょうか?

そもそも欠点のない完璧な事業というものがあるのかが疑問ですが。

まず、放課後等デイサービスを事業として考えた時に非常に重要なメリットが2点あります。

1.集客が難しくない
2.売上金の回収が難しくない

集客と売上金の回収は、ビジネスを選択する上で必ず検討しなければならないポイントです。

ビジネスを検討する上で、この2点の克服に目途が立つ事業を、最初から検討しないというのは考えられません。

事業としての放課後等デイサービス・児童デイサービスは、十二分に魅力的なはずです。

しかしながら、放課後等デイサービスにも欠点があります。
ある種の方には受け入れがたい事業上の欠点かもしれません。

それは、一気に大きく稼ぐことが難しいということです。

世の中にはリスクを取ることで、短期間に大きく稼ぐビジネスがあります。
多くの方が失敗し、市場からの退出を余儀なくされる中で、大きな収益を得て、事業の拡大を続ける企業があります。

しかしながら、放課後等デイサービス(児童デイサービス)の場合は、構造的に一気に大きく稼ぐというのは無理です。
これは、事業の構造の問題ですから、工夫の余地はありません。

認可事業で公費を使って行う事業です。
収益性は確保されていますが、福祉の側面も重視されるのです。

これは、事業としての放課後等デイサービスに顕著です。あらかじめ十二分にご理解下さい。

 

放課後等デイサービスと児童デイサービスは厳密には別のものですが、ここでは同じものを指すものとして記事を書いています。
放課後等デイは24年4月からの概念であるため、児童デイを通称として使われることが多いためです。

ピックアップ記事

  1. 放課後等デイサービスの時間割
  2. 起業したい人、起業しない人
  3. 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  4. 放課後デイの設備投資
  5. 新規事業としての放課後等デイサービス(10)

関連記事

  1. 放課後デイの人事・組織

    事業としての放課後等デイサービス まとめ

    起業あるいは新規事業として取り扱う商品・サービスを選択する時に検討すべ…

  2. 起業

    起業

    失うには大きすぎる

    昨晩、大学時代の友人が、言いました。今の会社の今のポジションは…

  3. 起業

    起業

    起業の仕方

    googleの検索窓に、「起業」と入力すると、関連の検索語で「起業…

  4. 福祉起業.netその他情報

    発達障害者支援法

    平成17年4月1日に施行された「発達障害者支援法」は、それまで障が…

  5. 福祉起業.netその他情報

    放課後等デイサービス事業の集客についてわかっておくべきこと(2)

    放課後等デイサービスの場合、子どもの障害の専門家として、サービスに完璧…

  6. 福祉起業.netその他情報

    福祉起業.netその他情報

    放課後等デイサービス PLATZ古江

    放課後等デイサービス PLATZ古江の指定通知書に記載の指定年月日は、…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 起業

    起業

    起業したい人、起業しない人
  2. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  3. 放課後デイの人事・組織

    放課後デイの人事・組織

    児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  4. 放課後デイの運営

    放課後等デイサービスの運営

    放課後等デイサービスの時間割
  5. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
PAGE TOP