放課後等デイサービスの制度

放課後等デイサービスの制度

事業としての放課後等デイサービスに欠点はあるか?(3)

放課後等デイサービスは、都道府県(政令指定都市の場合は市)による認可を受けて行う事業です。

放課後等デイサービスは、認可事業で公費を使うことによる制限があります。
ひとつは、事業として成立しますが、“一気に大きく稼ぐ”ことは仕組みとして不可能です。

そしてもひとつ重要なことがあります。

公費により成立する事業であるからこそ、その仕組みは国により作られ運用されているものです。

放課後等デイサービスの事業者は児童福祉において、その一端を担うにすぎません。
報酬単価や特別単価など事業を支えるすべての要素は国により決定されます。

仕組みの変化があるとすれば、それは否応なく受け入れざるをえません。
将来の事業の運営も与えられる条件の中で考えざるをえません。
しかも、与えられる条件は今与えられているものより事業者にとって都合のよいものになるとは限りません。

このことは、放課後等デイサービス事業にとっての欠点(デメリット)になりかねません。

しかしだからと言って、私は、起業や新規事業を考える時に、この事業の選択を避ける理由になるとは思いません。
あらゆる事業において、事業者により都合のよいことばかりが起きるはずのないことは明白です。

この点については、次回も引き続きお話しをします。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

ピックアップ記事

  1. 放課後デイの設備投資
  2. 児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  3. 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
  4. 放課後等デイサービスの時間割
  5. 起業したい人、起業しない人

関連記事

  1. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史(4)

    障害者自立支援法の施行により、期待された「障害児タイムケア事業」はあえ…

  2. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    福祉起業として「放課後等デイサービス」事業を推奨します(8)

    児童発達支援と比較しても放課後等デイサービスを事業として推奨する理由は…

  3. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    事業としての放課後等デイサービスに与えられる条件(2)

    放課後等デイサービスという事業は、国の児童福祉の一環として公費が使われ…

  4. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    障害児支援に係る報酬について<論点等>2014

    来春は、放課後デイの制度改定が予定されていますが、それに向け、障害…

  5. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史(1)

    知的や身体の障がいのある子どもが通園施設(法定施設)を利用することが困…

  6. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービス・児童デイサービスの歴史(3)

    障害者自立支援法の施行により、期待され普及に向けて動き始めていた「障害…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 起業

    起業

    起業したい人、起業しない人
  2. 放課後デイの運営

    放課後等デイサービスの運営

    放課後等デイサービスの時間割
  3. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  4. 放課後デイの開業準備

    放課後デイの開業準備

    放課後デイの設備投資
  5. 放課後等デイサービスの制度

    放課後等デイサービスの制度

    平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要
PAGE TOP