福祉起業.netその他情報

事業としての放課後等デイサービスに欠点はあるか?(2)

放課後等デイサービス(児童デイサービス)の場合は、一気に大きく稼ぐというのは構造的に無理です。
これは、事業運営上の問題ではなく、構造の問題ですから、工夫の余地はありません。

ただ、ビジネスとして大きく成長させることが不可能というわけではありません。

“一気に大きく稼ぐ”というのが無理なのです。

認可事業であり、公費を使って行う事業です。
障害のある子どもたち、保護者が躊躇なく負担できる料金で運営されなければいけません。
限られた人たちのためのサービスではないのです。
障害のある子どもたちの支援のために国や県、市町村が役割を果たす中で、その一端を担う事業なのです。
収益性は確保されていますが、福祉の側面が重視されます。

企業の新規事業として考えた場合、会社の置かれた状況次第では、リスクを取っても“一気に大きく稼ぐ”ことを狙わなければならない状況があるかもしれません。
また、所帯が大きな企業の場合、あまり魅力的に映らないかもしれません。

そのような場合には、残念ですが、放課後等デイサービスを新規事業として採用することは適当でないかもしれません。

 

どのような将来構想を描き、放課後等デイサービスを開業させるか。
放課後等デイサービスの長期の事業プランの策定も支援します。
福祉起業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

  1. 放課後等デイサービスの時間割
  2. 新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  3. 起業したい人、起業しない人
  4. FAQを設置しました。
  5. 児童発達支援管理責任者に求めるべき資質

関連記事

  1. 福祉起業.netその他情報

    障がいのある子供たちの経済的な自立のために

    障がい者の自立の前提のひとつは、経済的な自立のはずですが、残念なが…

  2. 福祉起業.netその他情報

    アスペルガー症候群を取りまく問題

    アスペルガー症候群というのは認知度の低い言葉ではありませんが、具体的に…

  3. 福祉起業.netその他情報

    事業としての放課後等デイサービスに欠点はあるか?(1)

    事業として放課後等デイサービス(児童デイサービス)を考えた時に、欠点と…

  4. 福祉起業.netその他情報

    放課後等デイサービスのための物件選定

    開業の支援の実際について、前回も少しお話しをしたように、開業時に施設の…

  5. 福祉起業.netその他情報

    アスペルガー症候群を取りまく問題(2)

    アスペルガー症候群の子供は、「まっすぐ帰りなさい。」という言葉…

  6. 福祉起業.netその他情報

    障害と障がい

    障害と障がいという表記について、本サイトでは以下のように考えていま…

最近の記事

  1. 放課後等デイサービスの制度
  2. 放課後等デイサービスの制度
  3. 放課後デイの開業準備
  4. 放課後デイの人事・組織
  5. 放課後デイの人事・組織
  1. 企業経営

    企業経営

    新規事業としての放課後等デイサービス(10)
  2. 放課後デイの人事・組織

    放課後デイの人事・組織

    児童発達支援管理責任者に求めるべき資質
  3. 放課後デイの運営

    放課後等デイサービスの運営

    放課後等デイサービスの時間割
  4. 放課後デイの開業準備

    放課後デイの開業準備

    放課後デイの設備投資
  5. 福祉起業.netからのお知らせ

    福祉起業.netからのお知らせ

    FAQを設置しました。
PAGE TOP